画像トレースについて

画像トレースとは、jpgやgif、pngなどの画像データ(ラスターデータ)を手作業や専用のソフトを使い、機械に出力できるようにデータをaiやepsに変換する(ベクトルデータ)作業のことです。

トレース料は800円~となります。

トレースする画像のデザインによって料金が異なります。(下ののモノクロのお猿さん程度のトレース作業であれば、料金は800円になります。)

色数が多かったりグラデーションなどの入った画像データほど料金が高くなります。

トレースしたデータは当店で保管いたしますので、追加発注されるときにはトレース料はかかりません。トレースしたデータはお渡しできませんのでご了承ください。

トレースについて

下のお猿さんの画像データを使ってトレースについて説明します。

●下のお猿さんはjpgの画像データです。画像データのままではルーターやカッティングプロッタに出力することが出来ません。



●画像データは遠くから見るときれいでも、拡大してみると輪郭線がグチャグチャしています。
このようなグチャグチャした輪郭線を、なめらかな線のベクトルデータに変えていくことをトレース作業といいます。



●こちらがトレース作業が完了したデータです。これで機械に出力できるようになりました。



●トレースしたデータ(ベクトルデータ)はいくら拡大しても、このように輪郭線がくっきりしたままです。



●ベクトルデータなら色を変えたり、形を自由に変えたりすることも簡単に出来ます。